[メンズ 財布]などの心を盗むオーダーメイド革製品【Steal Blog】

[メンズ 財布]等のオーダーメイド革製品の紹介や日常を綴ります

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブライドルって??

katsuです





今日は久々の・・・




「革の小話」です





革製品好きの人なら一度は耳にしたことがあるだろうか・・・



最近STEALでも着々と人気を集めている「ブライドルレザー」





一体どんな革なんでしょう






ブライドルとは乗馬用の馬具のことで、古くから馬具製品などに用いられて来た革をブライドルレザー(蝋引き革)と呼びます。



タンニンなめしされた革に繰り返し蝋(ロウ)を塗り込んで仕上げられるブライドルレザーは、


非常に堅牢で耐久性のある素材として知られています。


染み込んだ蝋が革の表面に白く浮き出るため独特の表情となり、この浮き出た粉(ブルーム)を磨くと、いつまでも艶やかで光沢感のある表情を見せてくれます。


使い込むほどに手にしっとりと馴染み、いつまでも風格を失わない拘りの素材がブライドルレザーなのです。





いかがです今後のオーダーの参考になりましたか


革 レザー製品オーダー【STEALレザー





↓↓ランキングに参加しています↓↓
     クリックお願いします


レザー、革

WEB SHOP 探検隊






スポンサーサイト

| 革の小話 | 01:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デシ

水野です。


今日は革について説明します。


革の取り引きでは主に面積によって価格が決められています。


その基準となる単位が「デシ」と呼ばれるものです。


これは正確にはデシ平方メートル(d㎡)と言います。



デシと聞いて思い出す方もおられるかも知れません。


そうです!小学校で習ったデシリットル(dl)と同じ意味の言葉なのです。


デシは「10分の1」を表します。デシメートル(dm)は、1mの10分の1


なので10cm。そして、10cm四方の正方形の面積をデシ


平方メートル(d㎡)、業界では略してデシといいます。


そして「デシあたり○○円」として1枚の革の値段が決まってゆくのです。



革の形は曲面でできているので、正確な面積は専用の


機械によって測定されています。牛の半裁(半身)の革はだいたい


1枚250デシほどになります。製品ごとに必要なデシ数は


革靴で20デシ(一足)、ハンドバッグで65デシ、財布で10デシ程度です。


皆さんも、お持ちの革製品が何デシくらいの面積があるか


調べてみてはいかがでしょうか?

革 レザー製品オーダー【STEALレザー





↓↓ランキングに参加しています↓↓
     クリックお願いします


レザー、革

WEB SHOP 探検隊

| 革の小話 | 03:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コードバン???

最近、運動不足で筋肉が衰え・・・



腰の痛みが日に日に悪化し・・・



お腹もぽっこりの・・・







KATSUです





最近、お客さんと革の話やら説明をしていると



結構な頻度でよく聞かれる質問があります。



それは・・・





「コードバンってなに??」





ですよね





そりゃ、なんのこっちゃわからん人もいると思います。





じゃあ今日はその「コードバン」について詳しく説明しちゃいましょう





コードバンは主にスペインまたはフランス産の比較的大きな馬から採れます。


この馬はかつて、農耕用・食用として飼育されていましたが、現在では食用としてのみ、ごく少数生産されているだけです。


馬一頭から取れるコードバンはごくわずかです。


それは尻の革のごく一部でしかないからです。


馬の尻の艶やかな表皮の下にコードバン層があります。


革の裏側を丁寧に削ってゆくと厚さ2mm足らずのコードバン層がやっと現れて来ます。


これが、革の宝石と言われる由縁です。 つまり、硬い表皮に守られてさらにキメが細かく、丈夫なコードバン層が、革の中に眠っているのです。


なぜ、馬の革の中にコードバンがあるのかは不明ですが、それが天敵から身を守るための進化だとしたら、比較的足の遅い馬に発達したと言うこともうなずけます。


コードバンは尻の中心部分で形が眼鏡に似ていることから、革業界では「メガネ」と呼ばれています。
しかし、キズが多いため、完全な「メガネ」が採れるのは、極めて稀なのです。


コードバンは牛革などよりかなり高価ですが 完全な「メガネ」は、更に倍近い値段で取り引きされます。


また、コードバンは、世界でも1ヶ月に数千頭分程度しか採れません。
しかも、1頭からほんのわずかしか採れないので、とても貴重な革なのです。



コードバンはランドセルに多く使われていますが、とても希少な革なので、ほとんどのランドセルはコードバンに似せた牛革や合皮です。


コードバンは摩擦や擦過に非常に強いため、最低でも6年間は使うランドセルに最も適しているのです。

コードバンの染色方法は、染めると言うより何度も色を塗り重ねるといった方が正確です。それも耐久性が高い要因の一つですが、とても手間がかかります。



ちなみに、コードバンの名前の由来は、スペインの「コルドバ」という地名です。






どうです??ためになりましたか??



ウチでもやっぱりコードバンが人気高いですねぇ



極上のコードバンを取り揃えていますので



この、オーダーセール期間中にぜひ!!



ゲットしちゃってくださ~い

革 レザー製品オーダー【STEALレザー





↓↓ランキングに参加しています↓↓
     クリックお願いします


レザー、革

WEB SHOP 探検隊

| 革の小話 | 23:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

よっ!革職人!!

KATSUですけど、何か問題でも??




・・・KATSUです。




いや~、いよいよ4月突入ですね!もう春ですよ、春。




外もポカポカ暖かいし☆皆さんいかがお過ごしでしょうか




STEALでは今日から10日間、ダーツ投げ放題500円なんですってね☆



あと、向かいのたい焼き屋さんと一緒にスタンプラリーもやってるらしいっス☆



しかも今日から一ヶ月間、ウォレットオーダー半額セール!!スタートしたみたいだし!













他人事みたいですいません 全部ウチです





2階も、店舗と工房ガッチリ改装しちゃいまして



メチャメチャカッコよくなったんで、ぜひ遊びに来てくださいね







まぁ、お店の告知はこの辺で・・・



今日は何の話をしようかな




最近お店の話ばっかりだし、都市伝説的なのもちょっとどうかなと・・・





よし!!こんな俺も、一応は革職人です。


なので今日は、革についてのお話をちょっとだけしようかな







皆さん。



「皮」と「革」の違いって、なにか知ってます??




え!? そんなの別に聞きたくないって??



まぁまぁそう言わずに






まず、「皮」は動物や魚の原皮の状態の事で、皮を水漬けや石灰付けにして


付着している血液や、毛、肉、脂肪分などを取り除き、鞣(なめ)した後の状態を「革」と呼びます。





はい、ここで!!あまり聞きなれない言葉がでてきましたね☆



そう、「鞣し」。



「なめし」とは、動物などから剥いだ状態では腐りや硬化が進むため、「タンニン」や「クロム」などに


浸すことで皮を柔らかくし腐らないようにする作業のこと。


この「なめし」を行うのが、「タンナー」と呼ばれる専門の職人さんなわけです。





「革」を「製品」に変える革職人の前に、


「皮」を「革」に変える、もうひとつの革職人がいることを



皆さんご存知でしたか??


革 レザー製品オーダー【STEALレザー





↓↓ランキングに参加しています↓↓
     クリックお願いします


レザー、革

WEB SHOP 探検隊



















| 革の小話 | 01:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。